私は間違える。私は在る。(みなさんのおかげです)

夕食。とある事情により手元から尾高本がなくなってしまったのでこちらを。(というかすいませんすいませんすいませんほんとにすみません)


厨先生セレクション(一部好事家のための)。

  • P.M.ブラウ、『現代社会の官僚制』(阿利莫二訳、岩波現代叢書、1958/04)
    • 原著:Peter Michael Blau, Bureaucracy in modern society, 1956

意外に(いうたらアレですが)おもろかったです(ありがとうございます)


「官僚制は非効率だ」と批判するひとがいるけど、そういうひとは事実をみていってるわけじゃなくて クライアントとしての自分が支配される(=自分の思うままにならないやり方を強いられる)ことに不平を言ってるだけで、それにそのテの不満の表出はしばしば内実のある政治的議論から目をそらさせる効果すら持っていて、そうした不満がでること自体には社会学的説明が必要だけれども、それはそれとしてやっぱり官僚制はほかのやりかたよりも効率的で、それが民主主義と対立する側面を持つというのも確かだけど、大規模組織を官僚的なやり方以外でマネージするやり方を我々は知らないというだけでなく 「インパーソナルなやり方」というのは民主主義を促進する側面だってもっているのだし、なによりも官僚制はじっさい多くの人の生活水準をあげるのに貢献したし、生活水準があがらないと民主主義なんて成り立たないし──そもそもそうでなければやめればいいだけの話で問題にもならないはずなのだし──、両者が歴史的にみても現在においてもジレンマを抱えていることを あたかも逃れられない運命のように考えるのはおかしいし、むしろ民主主義と官僚制のジレンマというのは我々がぜひともとりくまねばならない挑戦的課題だと捉えるべきものなのであって、だから官僚制についてもっとよく知ろうと努めましょう、と考えるのが筋ってもんじゃないですかー
──とかいうことが書いてありました。頑張れ産業社会学もうないけど。


グールドナーの「新しい上司」の話も、やはり触れられてました。
58年に出て、わりとすぐに訳されてますね。日本でも 同時代的に・すでにブラウに注目が集まっていたということでしょうか。

涜書:竹中『精神分析と社会学』

昼食。あしたは研究会ですよ。

精神分析と社会学 (明石ライブラリー)

精神分析と社会学 (明石ライブラリー)

社会理論研究互助会──ニクラス・ルーマン『社会の社会』読書会(featuring Team BB):その第15回

http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20051218

Die Gesellschaft der Gesellschaft

Die Gesellschaft der Gesellschaft

あと1、2回で第一章「社会システムとしてのゲゼルシャフト」が終了します。
途中参加を狙ってたかた、決断するならその時はいま。


第二章「コミュニケーション・メディア」の内容はこんな感じ:

第二章 コミュニケーション・メディア

  1. メディアと形式
  2. 流布メディアと成果メディア
  3. 言語
  4. 宗教の秘密と道徳
  5. 文字
  6. 活版印刷
  7. 電子メディア
  8. 流布メディア:要約
  9. 象徴的に一般化されたコミュニケーション・メディア1:機能
  10. 象徴的に一般化されたコミュニケーション・メディア2:分化
  11. 象徴的に一般化されたコミュニケーション・メディア3:構造
  12. 象徴的に一般化されたコミュニケーション・メディア4:自己確証
  13. 道徳的コミュニケーション
  14. 全体社会システムの進化に対する影響


なお 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】もよろしく。