日曜社会学>社会学的告知>(20060527)哲学/倫理学セミナー

http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20060527/p3

  • 熊野 純彦(構想発表)「「論理と生命」の思考圏によせて−−断影・昭和10年代の京都学派−−」」
  • 三重野 清顕(発表)「ヘーゲルにおける因果性と時間」

涜書:『近代・組織・資本主義』

朝食。トッシキ祭り継続。

近代・組織・資本主義―日本と西欧における近代の地平

近代・組織・資本主義―日本と西欧における近代の地平

Mori 1.2beta

via あたらしもの

書き留めたノートを階層的に管理できるノートパッド。スマートフォルダやラベル、マイレートを使ってノートを効率よく管理できます。アップルスクリプト対応。[シェアウエア/27.95ドル]

Requires Mac OS X 10.4 or later.

だめじゃん...。

冬弓舎新刊>光岡&甲野『武学探究 巻之二──体認する自然とは』

サイトを更新したよ。

武学探究 (巻之2)

武学探究 (巻之2)

涜書:『近代・組織・資本主義』

夕食。トッシキ祭り継続。
ISBN:4623023389
三食つかってようやく読了。いやー。ひさびさに読んだけど やはりこりゃ すごい本でございますな。
昔より楽しく読めたのはこちらに少し知恵がついたということでしょう、とちょっとうれしく... なりかけたけどそれでいいのだろうか。まぁいいか。ともかくも、今後は「経験的なゼマンティク研究には どんなのがあるの?」と尋ねられたら この本を挙げることにします。

要するに、昔読んだときはそのへんがよく理解できてなかった ということですな。情けない。


どうでもいいけど、こんなにイライラしてると病気になりますよ、

いや、筆致自体はきわめてクールなんですけど、こりゃイライラしながら書いてるでしょうきっと

と 他人事ながら心配しながら読んでたら あとがきに「病気がちでした」と書いてあった。