酒井泰斗×吉川浩満「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」

『理不尽な進化』 『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』の著者である吉川浩満さん(id:clinamen)との共同連続講義です。

酒井泰斗×吉川浩満「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」

  • 2019年 4/3, 5/1, 6/5(全三回)
  • 朝日カルチャー新宿
  • 会員 9,720円/一般 11,664円 [申込頁]
  • ユース学生会員 4,860円 [申込頁]
講義趣旨
(ショートバージョン):

時折必要になるが無しで済ますこともできるしばしば危険なもの、哲学。
哲学との距離を保った大人のつきあい方を、非哲学者二人が実演的に模索します。

(ロングバージョン)

 哲学は、人文諸学の代表者として敬意をもって扱われるとともに、無用なものの典型としても遇されてきました。学問の分化が進んでからは、個別専門分野に収まりきらない論題を引き受けること、見通し難い学問動向を要約し市民が備えるべき知識を見定めることなども期待されています。
 役に立たないという非難と、人文主義の称揚とは同じ土俵の上での対立です。私たちはどちらにも与したくありません。収まりきらないものを扱うことや見通しの必要性は、単純化や極論によってスッキリしたいという欲求と隣り合わせです。私たちはその危険性も無視できません。
 この講義では、非哲学者にとっての哲学の必要性と危険性について、そして哲学との距離をとった大人の付き合い方について、実演的に考えてみたいと思います。まずは、すでに長いあいだ実際に哲学とそれなりに付き合ってきた講師二人が、自分たち自身の付き合い方を振り返ってみます。そしてさらに──「哲学とは本当には何なのか」と問う代わりに──歴史的に、哲学が取り組むことを期待され(部分的には果たし)てきた課題を個別に取り上げ、それらに別の形で取り組もうとするライバルプログラム──たとえば書店における隣接ジャンルたち(宗教・精神世界・自己啓発など)──へも視野を広げ・比較しながら検討してみることにしましょう。


講義準備のための進捗報告会もスタートしました。こちらもよろしく(特に専門的な哲学研究者の助力を求めています)。

‪ハーバート・A・サイモン『学者人生のモデル』‬

‪通勤読書。朝のお仕事用。‬‪http://bit.ly/2019deciphering


学者人生のモデル

学者人生のモデル

  • まえがき
  • プロローグ
第一部 21歳への旅路
  • 第一章 ウィスコンシンの少年
  • 第二章 森と草原
  • 第三章 シカゴでの教育
  • 第四章 科学革命との出会い
第二部 若き科学者
第三部 山からの眺め
第四部 60歳以後の研究
  • あとがき
  • 謝辞

『フィルカル:ポピュラー哲学特集』/イベント「哲学者と編集者で考える、〈売れる哲学書〉のつくり方」

分析哲学と文化をつなぐ」をテーマとする雑誌『フィルカル』4-1号に寄稿しました。刊行は2019年3月末です。この号では、ライプニッツ研究者 稲岡大志さんの企画による「ポピュラー哲学」特集が組まれ、私は 依頼を受けて下記書評を執筆しています:

  • 酒井泰斗, 2019, 「キャラ化された実存主義原田まりるニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』を読む」 『フィルカル』vol. 4-1.


これにあわせて、2019年3月10日には、表題の書店イベントも開催されます。お申込みは Peatix から。

哲学者と編集者で考える、〈売れる哲学書〉のつくり方

 近年、<哲学書>出版ビジネスにおいて、版元・書き手の双方からさまざまな新しい動きが起きている。2016年に創刊された雑誌『フィルカル』(ミュー)は、「分析哲学と文化をつなぐ」というテーマを掲げ、哲学のなかでもとりわけ専門的と見られがちだった「分析哲学」を一般向けに打ち出している。『フィルカル』最新号では、特集「ポピュラー哲学」を掲げ、研究者たちが〈売れる〉哲学書に各々の視点から分析を加えている。
 「ポピュラー哲学」特集に関わり、哲学書を〈売る〉ことにあらためて関心を高める書き手たちが、独立系出版社として知られ、2018年にブームとなったマルクス・ガブリエル現象をいち早く仕掛けた堀之内出版、創立70周年を数える数々の人文・社会系の専門書を手掛けてきた勁草書房の二社から名物編集者を迎え、これからの<売れる>哲学書、あるいは哲学書を〈売る〉ビジネスについて、考察するトークイベント。(主催 オンガージュサロン)

お買いもの:手島 孝(1964/1995)『アメリカ行政学(復刻版)』


アメリカ行政学

アメリカ行政学

asin:B000JAFSXU

  • はしがき
  • 序論
  • 第一章 前史
  • 第二章 誕生と成長
  • 第三章 成熟への動き
  • 結論──アメリ行政学の特質と限界

  • 第一章 前史
    • 第一節 序説
    • 第二節 ハミルトン──行政能率観念の先駆
    • 第三節 ジェファソンとジャクソン──行政における民主主義の確立
      • 一 ジェファソン
      • 二 ジャクソン
  • 第二章 誕生と成長
    • 第一節 序説
      • 一 アメリ行政学の誕生と成長の背景
      • 二 能率の強調──政治と行政の二分論
    • 第二節 ウィルソン──アメリ行政学の誕生(その一)
    • 第三節 グッドナウ──アメリ行政学の誕生(その二)
    • 第四節 行政調査運動──アメリ行政学の成長(その一)
    • 第五節 〈能率〉至上主義と〈原理〉的接近法──アメリ行政学の成長(その二)

  • 第三章 成熟への動き
    • 第一節 序説
    • 第二節 政治と行政の綜合的把握へ
    • 第三節 〈能率〉と〈原理〉の批判
    • 第四節 新しい行政科学方法論の提唱と適用
    • 第五節 サイモン
    • 第六節 ガウス
    • 第七節 価値問題への接近
    • 第八節 総括的批判と展望
  • 結論──アメリ行政学の特質と限界

佐藤友梨(2016)「E.フロムによる自由の実存論的解釈」/堀 雅晴(2000)「世紀転換期の現代行政学

朝のお仕事用。

  • はじめに
  • 1. 問題提起
    • (1) 自由─フロムの議論
    • (2) 研究史
    • (3) 方法論
  • 2. 自由─rearity を中心に
    • (1) 神概念
    • (2) 実在性(reality)
    • (3) 至高の価値
  • 3. 独立(independence)
    • (1) 人間存在
    • (2) 従属
    • (3) 解放
  • 4. 結び

  • はじめに
  • 一、既成行政学の形骸化
  • 二、Kettl の政治思想アプローチ
  • 三、Stillman の欧米比較アプローチ
  • 四、Uveges と Keller のパラダイム・アプローチ
  • まとめにかえて

堀論文


四象限図式炸裂。

表3 アメリカの政治的伝統における行政学的思考

※出典:Kettel, PAM, p. 17.








Wilsonian
ハイアラーキー
Madisonian
権力バランス型
Hamiltonian
強い執行部/トップダウン

Jeffersonian
弱い執行部/ボトムアップ

表4 アメリカの政治的伝統における行政学的考え方

※出典:Kettel, PAM, p. 408.








Wilsonian
ハイアラーキー
Madisonian
権力バランス型
Hamiltonian
強い執行部/トップダウン

  • Traditional public adminisutration
  • Principal-agent theory
  • New Public Management
  • NPR
    Downsizing
    Performance measurement
    Procurement reform

  • Bereaucratic politics
  • Implementation
  • Game theory
    Institutional choice
    Congressional/presidential dominance

Jeffersonian
弱い執行部/ボトムアップ

  • NPR
    Employee empowerment
    Customer service

  • Network theory

本来性と疎外

朝のお仕事用。


社会主義ヒューマニズム〈上〉 (1967年)

社会主義ヒューマニズム〈上〉 (1967年)

コンテンポラリィ・マルクス

コンテンポラリィ・マルクス


こちらは残念ながら図書館になし。

実践の弁証法 (1970年)

実践の弁証法 (1970年)

講義準備:串田秀也(2006)「会話分析の方法と論理」/池谷のぞみ(2015)「フィールドワークとデータセッション」

来年度上半期に本郷にて担当する「社会科学のためのデータセッション実習」なる演習講義の準備。


  • 1. はじめに
  • 2. 理解と分析
    • 2.1. 中核的データとしての録音・録画(ステップ①)
    • 2.2. 理解から分析へ(ステップ②)
  • 3. 横断的分析と単一ケース分析:記述の妥当性
    • 3.1. 規則性の発見と最初の記述(ステップ③)
    • 3.2. 問題と解(ステップ④)
  • 4. 変則ケース分析(ステップ⑤)
    • 4.1. 変則ケース分析の論理:記述の信頼性
    • 4.2. 変則ケース分析の実際
  • 5. 結論

  • 本講演記録について
  • 講演記録
    • 自己紹介 《自己紹介、来歴、来歴
    • あるデータの画像を見ながら
    • さまざなデータセッションについて
    • エスノグラフィについて
    • エスノグラフィの心得
      • 1. 「目を見開いてありのま観察する」
      • 2. 「自分のことではない」
      • 3. 「見習いになったつもりで 」
      • 4. 「常に何かが進行しているとうこを意識する」
      • 5. 「得られたものを使えばよい」
    • ふたたび、画像データの分析
  • 質疑応答