『フィルカル:ポピュラー哲学特集』/イベント「哲学者と編集者で考える、〈売れる哲学書〉のつくり方」

分析哲学と文化をつなぐ」をテーマとする雑誌『フィルカル』4-1号に寄稿しました。刊行は2019年3月末です。この号では、ライプニッツ研究者 稲岡大志さんの企画による「ポピュラー哲学」特集が組まれ、私は 依頼を受けて下記書評を執筆しています:

  • 酒井泰斗, 2019, 「キャラ化された実存主義原田まりるニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』を読む」 『フィルカル』vol. 4-1.


これにあわせて、2019年3月10日には、表題の書店イベントも開催されます。お申込みは Peatix から。

哲学者と編集者で考える、〈売れる哲学書〉のつくり方

 近年、<哲学書>出版ビジネスにおいて、版元・書き手の双方からさまざまな新しい動きが起きている。2016年に創刊された雑誌『フィルカル』(ミュー)は、「分析哲学と文化をつなぐ」というテーマを掲げ、哲学のなかでもとりわけ専門的と見られがちだった「分析哲学」を一般向けに打ち出している。『フィルカル』最新号では、特集「ポピュラー哲学」を掲げ、研究者たちが〈売れる〉哲学書に各々の視点から分析を加えている。
 「ポピュラー哲学」特集に関わり、哲学書を〈売る〉ことにあらためて関心を高める書き手たちが、独立系出版社として知られ、2018年にブームとなったマルクス・ガブリエル現象をいち早く仕掛けた堀之内出版、創立70周年を数える数々の人文・社会系の専門書を手掛けてきた勁草書房の二社から名物編集者を迎え、これからの<売れる>哲学書、あるいは哲学書を〈売る〉ビジネスについて、考察するトークイベント。(主催 オンガージュサロン)

涜書:ニクラス・ルーマン「システム理論の諸根拠:ユルゲン・ハーバーマスに対する私の回答」

馬場靖雄ゼミナールの予習。

借りもの

朝のお仕事用。

お買いもの:浅沼光樹(2014)『非有の思惟:シェリング哲学の本質と生成』


非有の思惟: シェリング哲学の本質と生成

非有の思惟: シェリング哲学の本質と生成

  • 序章 生成における一
  • 第一章 無制約者と知的直観――『ティマイオス註解』から『自我論』へ
  • 第二章 シェリング哲学の出発点――人間的理性の起源と歴史の構成
  • 第三章 歴史的理性の生成――シェリング『悪の起源』における神話解釈の意義
  • 第四章 神の内なる自然――シェリング哲学の第二の端緒として
  • 第五章 『自由論』の立場――『ティマイオス』評価の観点から
  • 補論一 もう一つのエコソフィを求めて――ディープ・エコロジーシェリングの自然哲学
  • 補論二 シェリングにおける神と自然過程
  • 補論三 第九回日本シェリング協会研究奨励賞を受賞して
  • あとがき

借りもの:村田晴夫(1990)『情報とシステムの哲学』/‪W.C. チャーチマン(1968→1970)『システム科学への挑戦』

朝のお仕事用。

土谷幸久(2003)「オートポイエーシス的生存可能システムモデルの基礎的研究」

朝のお仕事。
こちらも経営学

  • はじめに
  • 第1章 問題の構図
  • 第2章 システム論前史
  • 第3章 定義、諸原理
  • 第4章 オートポイエーシス
  • 第5章 オートポイエーシス的生存システム
  • 第6章 コンビニエンス・ストアA社の事例
  • 第7章 室蘭素描:独立単位体・単位体についての交雑
  • 結語として

松行康夫(1993)「行動科学的意思決定論の展開」

朝のお仕事。
著者は経営学者。

  • 1 序
  • 2 経営科学とシステム理論の発展
  • 3 制御理論とシステム理論の進展
  • 4 システム理論と現代意思決定論
  • 5 結