読書会

The Five Books:ウェーバー『社会学の根本概念』読書会

https://the-five-books-max-weber-sociology.peatix.com/ 社会学の根本概念 (岩波文庫 白 209-6)作者:マックス ヴェーバー岩波書店Amazon

涜書:ウェーバー(1921)『社会学の基礎概念』

読書会用 社会学の基礎概念作者:マックス ウェーバー恒星社厚生閣Amazon 社会学の基礎概念 (1953年) (角川文庫〈第609〉)作者:マックス・ウェーバーAmazonISBN:4003420969 ISBN:B000J9P61U 目次 緒言 01 社会学と社会的行為の「意味」との概念 I 方法的基礎 …

The Five Books:カント(1785)『人倫の形而上学の基礎づけ』読書会

プロレゴーメナ/人倫の形而上学の基礎づけ (中公クラシックス W 42)作者:カント中央公論新社Amazon

The Five Books:E.H.カー(1961)『歴史とは何か』読書会

歴史とは何か 新版作者:E.H.カー岩波書店Amazon 主催:The Five Books 講師:山野 弘樹 各講義の概要 第1回 (2024年1月22日 20:00-21:30)の内容: まずは、『歴史とは何か』をより効果的に精読するための準備段階として、「歴史の哲学」という主題に含ま…

第23回 日米経営学史茶話会:梅崎・南雲・島西(2023)『日本的雇用システムをつくる 1945-1995』第1回

次回読書会は 2023年12月27日(水) 19:30- に開催します。私が主催している多数の読書会の中で最も人気のない本会ですが、次回から新しい文献に入ります。新規参加するなら今! 経営学史、人気なさすぎてウケる。 第23回 日米経営学史茶話会 文献:梅崎修・…

第21回 日米経営学史茶話会

次回開催日は 2023年10月21日(土) 10:00- です。 文献:佐々木 聡『科学的管理法の日本的展開』 有斐閣、1998年.版元:科学的管理法の日本的展開 | 有斐閣 範囲:第4章「戦時経済下の模索」 科学的管理法の日本的展開 (明治大学社会科学研究所叢書)作者:佐…

「哲学入門読書会」紹介03:オリエンテーション2/3──場の管理(トレーニングと安全性)について

「非哲学者による非哲学者のための哲学入門読書会」スタッフのnoteに、読書会紹介記事の三つ目をアップしていただきました。 今回はトレーニングの場の管理についてお話しています。 場の管理のために使われる典型的なツールはルールですが、ルールは能力を…

「哲学入門読書会」紹介02:オリエンテーション1/3──会の趣旨と目標について

「非哲学者による非哲学者のための哲学入門読書会」紹介記事の二つ目。 今回は会の趣旨についてお話しています。 10月1日からスタートする第四期読書会のお申し込みはこちらから: 酒井泰斗・吉川浩満「非哲学者による非哲学者の為の(非)哲学の講義」 http…

「哲学入門読書会」紹介01: 会のタイトルについて

吉川浩満さんと開催している「非哲学者による非哲学者のための哲学入門読書会」の過去回でお話ししたことを note にて紹介していきます。 この会は、容易に読める難しくない文書を複数人で読みながら、他人が書いたものを読むトレーニングをおこなうことを趣…

第20回 日米経営学史茶話会

https://contractio.hateblo.jp/entry/20230529/p1 次回開催日は 2023年8月30日(水) 19:30- です。 文献:佐々木 聡『科学的管理法の日本的展開』 有斐閣、1998年.版元:科学的管理法の日本的展開 | 有斐閣 範囲:第3章「科学的管理法の展開」 科学的管理…

レフ・マノヴィッチ『ニューメディアの言語』読書会

エンジニアのための人文読書会第54回 humanities.connpass.com ニューメディアの言語 ――デジタル時代のアート、デザイン、映画 (ちくま学芸文庫 マ-51-1)作者:レフ・マノヴィッチ筑摩書房Amazon みすず:https://www.msz.co.jp/book/detail/07731/ 筑摩 http…

第19回 日米経営学史茶話会

https://contractio.hateblo.jp/entry/20230529/p1 次回開催日は 2023年7月24日(月) 19:30- です。 文献:佐々木 聡『科学的管理法の日本的展開』 有斐閣、1998年.版元:科学的管理法の日本的展開 | 有斐閣 範囲:第2章「外資系電機企業にみる科学的管理法…

エマニュエル・レヴィナス(1947→1987/2005)『実存から実存者へ』読書会 第12回

contractio.hateblo.jp レヴィナス読書会関係者の方へ。皆さま、こんにちは。当初の予定どおり20日(土)の22時から第11回を開催します。検討箇所は以下の通りです。よろしくお願いします・第1章「実存との関係と瞬間」 第2節「疲労と瞬間」第11段落 P63~※ち…

読書会の準備:中島義道『哲学の教科書』

中島義道『哲学の教科書』を読んでいて気がついたことだけど。 なぜ実存主義においてことさらに文学との関係が話題になるかと言うと、これは 実存主義においては具体的個物のあり方が問題となるのであるにもかかわらず、 哲学の中には具体的個物の描写を訓練…

The Five Books:ライプニッツ『形而上学叙説』第二回

形而上学叙説 ライプニッツ−アルノー往復書簡 (平凡社ライブラリー ら 7-1)作者:G.W.ライプニッツ平凡社Amazon The Five Books:ライプニッツ 著『形而上学叙説』 開講期間: 05月29日(月) ~ 06月06日(月) 講義時間: 20:00-21:30 講師: 三浦 隼暉 http://www.…

【告知】次期 日米経営学史茶話会について

わたくしが主催している各種読書会の中でも最も人気も人気もない読書会である日米経営学史茶話会ですが、 次期は 佐々木 聡『科学的管理法の日本的展開』 有斐閣、1998年https://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/464116052X を取り上げることになりました。…

お買いもの:里見龍樹(2022)『不穏な熱帯:人間〈以前〉と〈以後〉の人類学』

読書会があると聞いて。[ゆるぼ]年明けあたりにZoomで、里見龍樹著『不穏な熱帯』(河出書房新社、2022年)読書会しませんか。オンラインの身内でない読書会セッティングしたことないので勝手がちゃんとはわかっていない&自分の年明けのスケジュールがわか…

ミシェル・フーコー(1982)「自己の技法」

読書会の担当が当たったので。 思考集成10の索引ではマックス・ウェーバーが11回拾われている。 109, 274, 278, 310, 330, 339, 347, 351, 356, 363, 364 Technologies of the Self: A Seminar With Michel Foucault作者:Martin, Luther H.,Gutman, HuckUniv…

第六期ゲーム研究読書会:川﨑寧生(2022)『日本の「ゲームセンター」史──娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ』

ゲーム研究読書会、第六期はこの本を。今期も著者臨席で開催します。 日本の「ゲームセンター」史 娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ作者:川﨑 寧生福村出版Amazon福村出版 まえがき 日本の「ゲームセンター」史年表 序章 1 本書の目的 2 研究背景 3 ゲ…

小牧 瞳・伊藤晃一(2018)「「読書会」はいかなるゲームか」

小牧 瞳・伊藤晃一(2018)「「読書会」はいかなるゲームか:参加者へのインタビューを通して」 千葉大学大学院人文公共学府研究プロジェクト報告書 324, 千葉大学大学院人文公共学府https://cir.nii.ac.jp/crid/1050007072218619136 1. はじめに 2. 藤川研…

デューイ(1927→1969/2014)『公衆とその問題』

読書会用。 contractio.hateblo.jp 公衆とその諸問題: 現代政治の基礎 (ちくま学芸文庫)作者:ジョン デューイ筑摩書房Amazon原著 第一章 公衆を求めて 第二章 国家の発見 第三章 民主主義国家 第四章 公衆の没落 第五章 大共同社会の探究 第六章 方法の問題 …

お買いもの:Thomas Hurka(1993)Perfectionism

読書会があると聞いて。京大倫理学系の方々にThomas HurkaのPerfectionismをいっしょに読んでもらえることになりました!もしも参加されたいという方がいたらぜひ。— YANAGIDA (@kazuyana912) 2022年4月6日 Perfectionism (Oxford Ethics Series)作者:Hurka,…

堀越耀介(2020)『哲学はこう使う──問題解決に効く哲学思考「超」入門』

「哲学入門」読書会のための準備。 socio-logic.jp 哲学はこう使う 問題解決に効く哲学思考「超」入門作者:堀越 耀介実業之日本社Amazon"実業之日本社 第1章 哲学思考のメリット 第2章 哲学思考とは 第3章 問いの立て方 第4章 思考の深め方 第5章 哲学対話 …

シャロン・ケイ&ポール・トムソン(2007→2012)『中学生からの対話する哲学教室』

「哲学入門」読書会のための準備。 socio-logic.jp 中学生からの対話する哲学教室作者:シャロン・ケイ,ポール・トムソン玉川大学出版部Amazon

鷲田清一(2014)『哲学の使い方』

「哲学入門」読書会のための準備。 socio-logic.jp 哲学の使い方 (岩波新書)作者:鷲田 清一岩波書店Amazon

池田晶子(2003)『14歳からの哲学:考えるための教科書』

「哲学入門」読書会のための準備。 socio-logic.jp 14歳からの哲学 考えるための教科書作者:池田 晶子トランスビューAmazonトランスビュー Ⅰ 14歳からの哲学[A] 1 考える[1] 2 考える[2] 3 考える[3] 4 言葉[1] 5 言葉[2] 6 自分とは誰か …

野矢茂樹(2017/2018)『大人のための国語ゼミ』

「哲学入門」読書会のための準備。 socio-logic.jp 増補版 大人のための国語ゼミ (単行本)作者:野矢 茂樹筑摩書房Amazon筑摩書房

植原 亮(2020)『思考力改善ドリル――批判的思考から科学的思考へ』

「哲学入門」読書会のための準備。 socio-logic.jp 思考力改善ドリル: 批判的思考から科学的思考へ作者:植原 亮勁草書房Amazon勁草書房

梶谷真司(2018)『考えるとはどういうことか――0歳から100歳までの哲学入門』

「哲学入門」読書会のための準備。 socio-logic.jp 考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)作者:梶谷 真司幻冬舎Amazon幻冬舎

Alexander Berg (2020) Wittgensteins Hegel

読書会があると聞いて。国際WSのための準備企画として読書会を企画しています。対象はAlexander Berg, Wittgensteins Hegelです。初回はオンラインで8/16月 14:00-16:00を予定しています。コアメンバーでレジュメを用意するので、内容に関心があって聞いてみ…