Heidegger

いただきもの:丸山文隆(2021)「ハイデッガーの超越論的な思惟の道」

脱稿&提出おめでとうございます。 丸山文隆(2021)「ハイデッガーの超越論的な思惟の道」(博士学位請求論文) 序章 第1 節 存在の意味への問いの内実と射程とを解釈するという課題 第2 節 ハイデッガーの超越論的な思惟の道 第一部 『存在と時間』は何を…

お買いもの:轟孝夫(2020)『ハイデガーの超政治:ナチズムとの対決/存在・技術・国家への問い』

ハイデガーの超-政治――ナチズムとの対決/存在・技術・国家への問い作者:轟 孝夫発売日: 2020/02/28メディア: 単行本ハイデガーの超‐政治 - 株式会社 明石書店 序論 第1章 学長期の立場 第1節 「黒ノート」における超政治 第2節 学長就任演説「ドイツ大学の自…

お買いもの:クリッチリー&シュールマン『ハイデガー『存在と時間』を読む』

ハイデガー『存在と時間』を読む (叢書・ウニベルシタス)作者: サイモン・クリッチリー,ライナー・シュールマン,スティーヴン・レヴィン,串田純一出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2017/06/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 第1…

平田仁胤(2016)「状況的学習論の再検討」

読書会で教えていただいた文献。 平田仁胤, 2016, 「状況的学習論の再検討:ドレイファスのハイデガー解釈に注目して」 研究集録 161:1-9.http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/ja/journal/bgeou/161/--/article/54226 1. はじめに 2. フレーム問題 3. 状況に埋…

渡邉和典著『最初期ハイデッガーの意味論』合評会

http://heidegger.exblog.jp/23588083/ ハイデガー研究会特別企画 渡邉和典著『最初期ハイデッガーの意味論』合評会 日時:2015年3月15日(日)13:00-18:00 場所:高千穂大学2号館4階大会議室(京王井の頭線西永福駅下車徒歩7分) 「存在の意味」とは何か。ハ…

涜書:荒畑靖宏(2009)『世界内存在の解釈学』

何もする気が無くなったのでハイデガー本読む。 久々に再訪。 二年ぶり三回目。http://d.hatena.ne.jp/contractio/20111216 世界内存在の解釈学―ハイデガー「心の哲学」と「言語哲学」作者: 荒畑靖宏出版社/メーカー: 春風社発売日: 2009/04/01メディア: 単…

涜書:門脇(2002)『理由の空間の現象学』

今年はシンポ準備で年越し。 昨年はやはりシンポ準備でフーコーを読んでいた模様。 シンポジウム「making up people - イアン・ハッキングの歴史的存在論」(2013年9月7日) - 日曜社会学 http://d.hatena.ne.jp/contractio/____1231 理由の空間の現象学―表…

涜書:門脇俊介(2010)『破壊と構築:ハイデガー哲学の二つの位相』

来年夏へ向けたシンポジウムの準備。 socio-logic.jp破壊と構築―ハイデガー哲学の二つの位相作者:門脇 俊介東京大学出版会Amazon http://www.utp.or.jp/bd/4-13-010118-8.html http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/blog/2010/12/post-408/ 第I部 破壊としての存在論…

涜書:ライル(1929)「ハイデガーの『存在と時間』」

来年夏へ向けてシンポジウムの準備を開始。 ギルバート・ライル(1929→1979)「ハイデガーの『存在と時間』」(野家啓一訳、『現代思想』1979年9月・臨時増刊ハイデガー)Gilbert Ryle, 1929, Heidegger's Sein und Zeit, Mind 38. 現代思想 臨時増刊号 1979…

涜書:ハイデガー『技術への問い』/加藤編『ハイデガーの技術論』

連続講義があると聞いて。 轟孝夫「ハイデガーの技術論を解明する」(全3回) http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/ja10082985v.htm 第一回: 1月17日(木) 18:30−20:30 ハイデガーの技術論の萌芽(1928-1937年)ハイデガーの技術論の生成を検討する。『存在…

お買いもの:Milchman & Rosenberg『フーコーとハイデガー』

識者のご教示による。 なんで『ハイデガーとフーコー』じゃないんでしょうか。 http://books.google.co.jp/books?id=iqrO33SeJ_0C Foucault and Heidegger: Critical Encounters (Contradictions)作者: Alan Milchman,Alan Rosenberg出版社/メーカー: Univ o…

涜書:ハイデガー『技術への問い』/加藤編『ハイデガーの技術論』

連続講義があると聞いて。チラ見。 轟孝夫「ハイデガーの技術論を解明する」(全3回) http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/ja10082985v.htm 第一回: 1月17日(木) 18:30−20:30 ハイデガーの技術論の萌芽(1928-1937年)ハイデガーの技術論の生成を検討する…

涜書:ハイデガー『芸術作品の根源』

レクチャー最終回に備えまして。 関口浩 講演と解説:ハイデッガー「芸術作品の根源」を読む http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120906 芸術作品の根源 (平凡社モダン・クラシックス)作者: マルティンハイデッガー,Martin Heidegger,関口浩出版社/…

涜書:ハイデガー『芸術作品の根源』「3.真理と芸術」

レクチャー第四回目に備えまして。 関口浩 講演と解説:ハイデッガー「芸術作品の根源」を読む http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120906 芸術作品の根源 (平凡社モダン・クラシックス)作者: マルティンハイデッガー,Martin Heidegger,関口浩出版…

涜書:ハイデガー『芸術作品の根源』「2.作品と真理」

レクチャー第三回目に備えまして。 関口浩 講演と解説:ハイデッガー「芸術作品の根源」を読む http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120906 芸術作品の根源 (平凡社モダン・クラシックス)作者: マルティンハイデッガー,Martin Heidegger,関口浩出版…

涜書:池田(2009)「志向性・語り・行為−ハイデガーの現象学的行為論−」

本日の通勤読書。ネットに落ちていたので読んでみた。 2009年の論文ですが、2011刊行の単著(『ハイデガー存在と行為―『存在と時間』の解釈と展開』)には(まるごとは)収められていないようですな。 目次 http://d.hatena.ne.jp/contractio/20111122 池田 …

涜書:入谷『ポスト形而上学時代の時間論』

痛み止めで朦朧としているのでハイデガー本でも。返却期限は 11/11。 2008年にでた本ですが、なぜかチェックが漏れてました。2004年に大阪大学に提出された博士論文とのこと。 著者ブログ:http://blog.livedoor.jp/shuichinyuya/ 図書館歩いててたまたま手…

涜書:村井「ハイデガーにおける超越論性の思考(3)」

連載その3。 村井則夫(2012)「様態・時間・図式──ハイデガーにおける超越論性の思考(3)」 in 『思想 2012年 09月号 [雑誌]』(No.1061)、岩波書店 序 媒介の根源性と超越論的思考 一 アリストテレスによる現象学の刷新 1 範疇論からの脱却 2 虚偽論と現…

涜書:村井「ハイデガーにおける超越論性の思考(2)」

連載その2。 村井則夫(2012)「思考の生成と媒介性──ハイデガーにおける超越論性の思考(2)」 in 『思想 2012年 02月号 [雑誌]』(No.1054)、岩波書店 序 問いと思考の生成 一 超越論的範疇と思考の超越論的構造 1 超越論的範疇と思考の自己運動 2 存在の…

涜書:村井「ハイデガーにおける超越論性の思考(1)」

街で噂の連載論文(の、その1)を複写してまいりました。 村井則夫(2011)「範疇と超越──ハイデガーにおける超越論性の思考(1)」 in 『思想 2011年 09月号 [雑誌]』(No.1049)、岩波書店 序 超越論的思考の刷新 一 論理性と世界性 1 根源学と超越論的論理…

涜書:ハイデガー『芸術作品の根源』「1.物と作品」

レクチャー第二回目の日でしたが、参加できませんでしたので独り該当箇所を。 関口浩 講演と解説:ハイデッガー「芸術作品の根源」を読む http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120906 芸術作品の根源 (平凡社モダン・クラシックス)作者: マルティン…

ハイデガー研究会

台風接近中ですが、市ヶ谷へ。 日時:9月30日(日)14:00〜19:00 会場:新見附校舎A304教室 http://goo.gl/8rhfz http://goo.gl/6QSTs プログラム 1.輪読会14:00〜16:00 「アナクシマンドロスの箴言」 担当:津田良生(上智大学) 訳…

涜書:轟『存在と共同』

なにもする気が起きないのでハイデガー本でも読むか。存在と共同―ハイデガー哲学の構造と展開作者: 轟孝夫出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2007/05/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る

涜書:ハイデガー『芸術作品の根源』

レクチャーがあると聞いて。 関口浩 講演と解説:ハイデッガー「芸術作品の根源」を読む http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120906 芸術作品の根源 (平凡社モダン・クラシックス)作者: マルティンハイデッガー,Martin Heidegger,関口浩出版社/メー…

涜書:齋藤(2012)『存在の解釈学』

つづき。 8月31日(金)の夜に、著者の講演会があるそうです。 齋藤元紀「ハイデガーと解釈学」http://blog.goo.ne.jp/eksistenz/e/b28a25a85c15b0d86091b8c39da15998 存在の解釈学: 『存在と時間』の構造・転回・反復作者: 齋藤元紀出版社/メーカー: 法政大学…

涜書:齋藤(2012)『存在の解釈学』/前田(2008)『心の文法』

続き。 (9/9)社会学研究互助会第三回 前田泰樹『心の文法』合評会、参加者募集中です: http://d.hatena.ne.jp/contractio/20120909 存在の解釈学: 『存在と時間』の構造・転回・反復作者: 齋藤元紀出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2012/03/15メデ…

涜書:齋藤(2012)『存在の解釈学』/前田(2008)『心の文法』

続き。 (9/9)社会学研究互助会第三回 前田泰樹『心の文法』合評会、参加者募集中です: http://d.hatena.ne.jp/contractio/20120909 存在の解釈学: 『存在と時間』の構造・転回・反復作者: 齋藤元紀出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2012/03/15メデ…

涜書:齋藤(2012)『存在の解釈学』/前田(2008)『心の文法』

続き。 (9/9)社会学研究互助会第三回 前田泰樹『心の文法』合評会、参加者募集中です: http://d.hatena.ne.jp/contractio/20120909 存在の解釈学: 『存在と時間』の構造・転回・反復作者: 齋藤元紀出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2012/03/15メデ…

涜書:齋藤(2012)『存在の解釈学』/前田(2008)『心の文法』

続き。 (9/9)社会学研究互助会第三回 前田泰樹『心の文法』合評会、参加者募集中です: http://d.hatena.ne.jp/contractio/20120909 存在の解釈学: 『存在と時間』の構造・転回・反復作者: 齋藤元紀出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2012/03/15メデ…

涜書:齋藤(2012)『存在の解釈学』/前田(2008)『心の文法』

続き。 (9/9)社会学研究互助会第三回 前田泰樹『心の文法』合評会、参加者募集中です: http://d.hatena.ne.jp/contractio/20120909 存在の解釈学: 『存在と時間』の構造・転回・反復作者: 齋藤元紀出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2012/03/15メデ…