rec

いただきもの:渡会知子(2019)「名著再考:ニクラス・ルーマン『社会システム理論』を読む」

rec

抜刷いただきました。 ありがとうございます。 思想 2019年 08 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2019/07/30メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る思想 2019年8月号 - 岩波書店 内山 節「思想の言葉」 山岡龍一「立憲主義と政治的リアリズム…

いただきもの:マーガレット・メール(2017)『歴史と国家』/石井雅巳(2019)『西周と「哲学」の誕生』

rec

松澤さん、石井さんにいただきました。 どうもありがとうございます。 歴史と国家: 19世紀日本のナショナル・アイデンティティと学問作者: マーガレット・メール,千葉功,松沢裕作出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2017/11/18メディア: 単行本この商品…

いただきもの:井口暁(2019)『ポスト3・11のリスク社会学』

rec

どうもありがとうございます。 ポスト3・11のリスク社会学: 原発事故と放射線リスクはどのように語られたのか作者: 井口暁出版社/メーカー: ナカニシヤ出版発売日: 2019/04/28メディア: 単行本この商品を含むブログを見る ポスト3・11のリスク社会学 - 株式…

いただきもの:エマニュエル・シェグロフ(2018)『会話分析の方法』

rec

どうもありがとうございます。 おなじく世界思想社から刊行された西阪仰編訳『会話分析基本論集―順番交替と修復の組織 (世界思想ゼミナール)』*に続き、会話分析者必携の古典的論文を邦訳したもの。 * 目次など:http://www.augnishizaka.com/ca_basics.html…

サール(2010→2018)『社会的世界の制作』

rec

どうもありがとうございます。 サールは昔から苦手なんですが、この本で勉強させていただきます・・・。 社会的世界の制作: 人間文明の構造作者: ジョン・R.サール,John R. Searle,三谷武司出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2018/10/04メディア: 単行本この…

松沢裕作(2018)『生きづらい明治社会』

rec

どうもありがとうございます。 ジュニア新書は、子どものときは知らなくて、大人になってからずいぶんとお世話になった(いまでもなっている)シリーズで、この中に つらみ史としての地位を確立しつつある松沢さんの本が入るのは大変すばらしいな という気持…

いただきもの:小林多寿子・浅野智彦編(2018)『自己語りの社会学』

rec

どうもありがとうございます。 自己語りの社会学?ライフストーリー・問題経験・当事者研究作者: 小林多寿子,浅野智彦出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2018/08/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る 新曜社:https://www.shi…

いただきもの:朴沙羅(2018)『家の歴史を書く』

rec

どうもありがとうございます。 家(チベ)の歴史を書く (単行本)作者: 朴沙羅出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2018/09/14メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る 筑摩書房 家(チベ)の歴史を書く / 朴 沙羅 著 第1章 生活史を…

いただきもの:岸政彦(2018)『マンゴーと手榴弾』

rec

自分でも購入したのですが。 第二刷をいただきました。どうもありがとうございます。 マンゴーと手榴弾: 生活史の理論 (けいそうブックス)作者: 岸政彦出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2018/10/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 勁草…

いただきもの:岸・北田・筒井・稲葉(2018)『社会学はどこから来てどこへ行くのか』

rec

10月15日追記。 上掲出版記念イベント、『どこどこ』も読まないと準備できないのでは と申し上げたところ、こちらもゲラをいただいて(自分で仕事を増やして)しまいました(死 どうもありがとうございます。 社会学はどこから来てどこへ行くのか作者: 岸政…

いただきもの:北田暁大(2018)『社会制作の方法』

rec

出版記念のイベントやりましょうということでゲラ読みの刑に処せられました。 イベントは10月開催予定ですが、北田先生がちっとも開催日を決めてくれません。 当然のように刊行が11月にずれ込みました。イベントは11/24(土)15:00-17:00、下北沢にて開催し…

いただきもの:小谷英生(2018)「ゴットフリード・アヘンヴァルの自然法論とStatistik」

小谷英生(2018)「ゴットフリード・アヘンヴァルの自然法論とStatistik―― 自然法論と歴史叙述の関係をめぐって――」、日本哲学会(神戸大学、2018年5月18日) 0. はじめに 1. 問題の所在 1-1. 自然法論と歴史叙述の補完関係一般について 1-2. 観念論的人類史…

いただきもの:ステファン・コイファー&アントニー・チェメロ(→2018)『現象学入門』

rec

どうもありがとうございます。 訳者解説では「現象学ブックフェア」ページをご紹介いただいておりました。 http://bit.ly/201708fair 現象学入門: 新しい心の科学と哲学のために作者: ステファンコイファー,アントニーチェメロ,Stephan K¨aufer,Anthony Chem…

いただきもの:前川啓治ほか(2018)『ワードマップ 21世紀の文化人類学──世界の新しい捉え方』

rec

買おうとしていたところでしたがお送りいただいてしまいました。恐縮です。 21世紀の文化人類学 (ワードマップ)作者: 前川啓治,箭内匡,深川宏樹,浜田明範,里見龍樹,木村周平,根本達,三浦敦出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2018/06/12メディア: 単行本(ソフ…

『アステイオン:特集 リベラルな国際秩序の終わり?』(88号)

rec

ご恵投いただきました。読んで勉強せよとのことかと思います。 どうもありがとうございます。 アステイオン88作者: 公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会出版社/メーカー: CCCメディアハウス発売日: 2018/05/17メディア: 単行本(ソフト…

いただきもの:牧野智和(2017)「「自己」のハイブリッドな構成について考える」/木村直恵(2018)「〈社会〉が生まれ、〈ソサイチー〉が消える」

rec

史料データセッションの席にていただきました。 史料データセッション http://socio-logic.jp/sociology/datasession/ どうもありがとうございます。 牧野智和(2017)「「自己」のハイブリッドな構成について考える──アクターネットワーク理論と統治性研究…

いただきもの:北村「法のエスノメソドロジー」翻訳コレクション

東海大学北村隆憲先生の鬼神の如き紀要翻訳作業(続)です。 ステイシー・バーンズ(2009→2018)「仲裁のエスノメソドロジー──正義を行ない公正さを実演する」北村隆憲・当山紀博訳, 東海法学 55.StacyLee Burns, "Doing Justice and Demonstrating Fairness…

萬屋博喜(2018)『ヒューム 因果と自然』

rec

どうもありがとうございます。 つねづね分析哲学者は、因果「で」論じることは多いのに比して因果「について」論じてくれることが非常に少ない、という印象を持っていたので、私にとっては待望の一冊でした。 すでに博論は拝読していますが、改めて読ませて…

いただきもの:吉良貴之(2018)「要件事実の存在論と認識論」

rec

進捗報告会にて。http://socio-logic.jp/pr/2017_KiraTakayuki.php 吉良貴之(2018)「要件事実の存在論と認識論」 基礎法学と要件事実 法科大学院要件事実教育研究所報第16号 (法科大学院要件事実教育研究所報 第 16号)作者: 伊藤滋夫出版社/メーカー: 日本…

いただきもの:網谷壮介(2017)『カントの政治哲学入門』

rec

どうもありがとうございます。 カントの政治哲学入門: 政治における理念とは何か作者: 網谷壮介出版社/メーカー: 白澤社発売日: 2018/02/07メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 白澤社ブログ:http://d.hatena.ne.jp/hakutakusha/20180131/15…

いただきもの:ハンス=ジョージ・メラー(2012→2018)『ラディカル・ルーマン』

rec

どうもありがとうございます。 ラディカル・ルーマン: 必然性の哲学から偶有性の理論へ作者: ハンス=ジョージメラー,Hans‐Georg Moeller,吉澤夏子出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2018/01/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 新曜社 http:…

いただきもの:酒井大輔(2017)「日本政治学史の二つの転換」

rec

ありがとうございます。 二月から酒井さん、西山真司さんと「日米政治学史茶話会」なる研究会(?)を開始の予定。 http://socio-logic.jp/pr/ 詳細公開はまだ先ですが。 酒井大輔(2017)「日本政治学史の二つの転換:政治学教科書の引用分析の試み」年報政治…

いただきもの:矢澤修次郎編(2017)『再帰的=反省社会学の地平』/正村俊之編(2017)『ガバナンスとリスクの社会理論』

rec

どうもありがとうございます。 矢澤編に所収の論文は、2016年10月に朝日カルチャーセンター新宿にて開催した『マスメディアのリアリティ』講義でもご紹介していただいたものですね。 酒井泰斗「ルーマン解読4:高橋 徹さんと『マスメディアのリアリティ』を…

いただきもの:酒井大輔(2016)「多元主義からイデオロギー対立へ」

ありがとうございます。 酒井大輔(2016)「多元主義からイデオロギー対立へ: 大嶽秀夫の政治学とその変容」(『年報政治学』2016-I )http://www.bokutakusha.com/books/2016/4.html 政治と教育 (年報政治学)作者: 日本政治学会出版社/メーカー: 木鐸社発…

いただきもの:ノエル・キャロル(2009→2017)『批評について』

rec

わたくしのような者にまでお贈りいただいてしまいました。 恐縮です。 批評について: 芸術批評の哲学作者: ノエルキャロル,No¨el Carroll,森功次出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2017/12/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る http://www.…

いただきもの:佐藤 駿(2017)「経験,表象,表現──現象学的表現主義への試論」

rec

佐藤 駿「経験,表象,表現──現象学的表現主義への試論」一橋哲学・社会思想セミナー(2017年11月28日)講演原稿http://www.soc.hit-u.ac.jp/~soc_thought/seminar11.htm 1 知覚的知識の問題出発点 1.1 信念の理由としての経験? 1.2 マクダウェルの試み 1.3…

いただきもの:葛谷 潤(2017)「フッサールの知覚概念とダメット的検証主義」

rec

葛谷 潤(2017)「フッサールの知覚概念とダメット的検証主義」第39回日本現象学会発表原稿http://pa-j.jp/cn7/pg116.html 第一節 確証主義の基本構図とあるギャップ 第二節 確証主義の取りうる二つの方針

いただきもの:松井隆明(2017)「リッカートと価値論の一章としての認識論」

rec

松井隆明(2017)「リッカートと価値論の一章としての認識論」哲学会第56回研究発表大会(2017年10月29日(日))http://www.l.u-tokyo.ac.jp/philosophy/tetsugakukai/index.html 1. 哲学の同一性危機と、新カント主義的な認識論観 2. 認識論、心理学でも形…

いただきもの:山本貴光(2017)『文学問題(F+f)+』/加島 卓(2017)『オリンピック・デザイン・マーケティング』

rec

どうもありがとうございます。 加島さんのは、ここ数年 木村直恵さん・赤江達也さんと続けてきた研究会「史料データセッション」の成果物。 史料データセッション:http://socio-logic.jp/sociology/datasession/ 文学問題(F+f)+作者: 山本貴光出版社/メーカ…

いただきもの:筒井淳也・前田泰樹(2017)『社会学入門』

rec

ありがとうございます。けっこう時間がかかりましたな...。 きっかけとなった研究会はこちら: http://d.hatena.ne.jp/contractio/20110919#p1 http://d.hatena.ne.jp/contractio/20120225 研究会にいらした編集担当のシカマさんが質疑応答時間に「虹理論が…