ルーマン解読

借りもの

所有研と『ルーマン解読』用。 またもや家にあるはずのものを借りてる・・・ 「所有」用 小林昇(1961)『経済学の形成時代 (1961年)』 ピエール・ロザンヴァロン『ユートピア的資本主義―市場思想から見た近代』 ルネ・ジラール『欲望の現象学―文学の虚偽と…

ルーマン研報告:「個人と個性」用

socio-logic.jp 十九世紀ドイツ文学研究会 編『ドイツ近代小説の展開―E・T・A・ホフマン『牡猫ムルの人生観』からトーマス・マン『ブッデンブローク家の人々』まで』 アレクサンドル・コイレ『コスモスの崩壊―閉ざされた世界から無限の宇宙へ』ISBN:B000JA2C…

十九世紀ドイツ文学研究会編(1988)『ドイツ近代小説の展開』

目次見ると ぜんぜん足並み揃ってない感がすごい。 ドイツ近代小説の展開―E・T・A・ホフマン『牡猫ムルの人生観』からトーマス・マン『ブッデンブローク家の人々』まで作者: 十九世紀ドイツ文学研究会出版社/メーカー: 郁文堂発売日: 1988/10メディア: 単行…

クレイグ・レイン(2006→2008)『T.S.エリオット』

T.S.エリオット―イメージ、テキスト、コンテキスト作者: クレイグレイン,Craig Raine,山形和美出版社/メーカー: 彩流社発売日: 2008/05/01メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (1件) を見るT. S. エリオット | 彩流社 まえがき 第一章 エリ…

山形和美(2008)『山形和美全集第二巻:T・S・エリオット(一)』

第二巻『T・S・エリオット』(一)作者: 山形和美出版社/メーカー: 彩流社発売日: 2008/10/31メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る第二巻『T・S・エリオット』(一) | 彩流社

リュシアン・ゴルドマン(1964→1969)『小説社会学』

小説社会学 (1969年)作者: リュシアン・ゴルドマン,川俣晃自出版社/メーカー: 合同出版発売日: 1969メディア: ?この商品を含むブログを見る 序 小説社会学の諸問題への序説 マルローの小説の構造的研究への序論 ヌーヴォー・ロマンと現実 「不滅の女」 文学…

借りもの:ホワイト(2011→2014)『バランスシートで読みとく世界経済史』/亀田達也(2017)『モラルの起源』

20冊返却して9冊借りる私の図書館人生。『ルーマン解読』と「所有」用。 ジェーン・グリーソン・ホワイト(2011→2014)『バランスシートで読みとく世界経済史』川添節子訳、日経BP社 亀田達也(2017)『モラルの起源――実験社会科学からの問い (岩波新書)』岩…

ジェーン・グリーソン・ホワイト(2011→2014)『バランスシートで読みとく世界経済史』

バランスシートで読みとく世界経済史作者: ジェーン・グリーソン・ホワイト(Jane Gleeson-White),川添節子(Setsuko Kawazoe)出版社/メーカー: 日経BP発売日: 2014/10/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る日経BP社 序章 ロバート・ケネディ…

お買いもの:田中弘(2013)『最初に読む会計学入門』

所有研にて教えていただいたもの。 最初に読む会計学入門 (「即戦力」シリーズ)作者: 田中弘出版社/メーカー: 税務経理協会発売日: 2013/10/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

お買いもの:モンタネッリ(1957→1976/1996)『ローマの歴史』/勝田有恒ほか(2004)『概説 西洋法制史』

ローマの歴史作者: インドロ・モンタネッリ,藤沢道郎出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 1976/07/08メディア: 単行本この商品を含むブログを見るISBN:4122026016 概説 西洋法制史作者: 勝田有恒,山内進,森征一出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 200…

『社会の経済』第6章「稀少性」参照文献

所有研用。http://socio-logic.jp/pr/2017_Eigentum.php 『社会の経済』偶発性定式としての稀少性とコミュニケーション・メディアとしての「所有」について。 第6章「稀少性」 - 呂律 / a mode distinction I 稀少性の自己言及性 注14 「社会・宗教・意味」 …

注27 マーシャル・サーリンズ(1972→1984)『石器時代の経済学』

III コミュニケーション・メディアとしての所有/偶発性定式としての稀少性、注27。 石器時代の経済学 (叢書・ウニベルシタス)作者: マーシャルサーリンズ,Marshall Sahlins,山内昶出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2012/06/01メディア: 単行本 クリ…

注22用:若森みどり(2015)『カール・ポランニーの経済学入門』

新書784カール・ポランニーの経済学入門 (平凡社新書)作者: 若森みどり出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2015/08/11メディア: 新書この商品を含むブログ (7件) を見る はじめに──よみがえるポランニー 第一章 カール・ポランニーの生涯と思想 第二章 市場社会…

注22用:栗本慎一郎編(1995)『経済人類学を学ぶ』

経済人類学を学ぶ (有斐閣選書)作者: 栗本慎一郎出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 1995/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 第I部 経済人類学とはどのような学問か 第1章 経済人類学とは何か 第2章 文化人類学における経済人類学の位置 …

村上淳一(1997)『〈法〉の歴史』

これは電子化済。今回は主として後半部分を。 新装版 〈法〉の歴史 (UPコレクション)作者: 村上淳一出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2013/08/22メディア: 単行本この商品を含むブログを見る東京大学出版会 はしがき i 日本の伝統的法秩序 1 発展の概…

篠塚昭次(1974)『土地所有権と現代』

土地所有権と現代―歴史からの展望 (1974年) (NHKブックス)作者: 篠塚昭次出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 1974メディア: ?この商品を含むブログを見るISBN:4140012218 全単語に括弧をつけていくスタイル。うざい。引用時には 途中からすべて省略し…

注73 ブーケ(1942/1946→1979)『二重経済論──インドネシア社会における経済構造分析』

二重経済論―インドネシア社会における経済構造分析 (1979年)作者: J.H.ブーケ,永易浩一出版社/メーカー: 秋菫書房発売日: 1979/12メディア: ?この商品を含むブログを見る加納啓良による巻末解説が非常に良い。

注74 ジョセフ・ハリス(1757→1975)『貨幣・鋳貨論』

巻頭に大河内一男先生の序文があり、次に 「古希を迎えられた 大河内一男先生に この訳書を献ず」 で1ページを費やすタイプの書籍だった。 訳者解説 50ページくらいある。 [288] この著作は『国富論』に大きな影響を与えましたが19世紀初頭には既に忘れられ…

注64関連 安藤裕介(2014)『商業・専制・世論──フランス啓蒙の「政治経済学」と統治原理の転換』

注64、ル・メルシエ・ド・ラ・リヴィエールに関連して。 商業・専制・世論―フランス啓蒙の「政治経済学」と統治原理の転換作者: 安藤裕介出版社/メーカー: 創文社発売日: 2014/03メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る創文社 序論 「政治経済学…

ピエール・ロザンヴァロン(1979/1989→1990)『経済自由主義』

ユートピア的資本主義―市場思想から見た近代作者: ピエール・ロザンヴァロン,長谷俊雄出版社/メーカー: 国文社発売日: 1990/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る

デュムシェル&デュピュイ(1979→1990)『物の地獄―ルネ・ジラールと経済の論理』

物の地獄―ルネ・ジラールと経済の論理 (叢書・ウニベルシタス)作者: ポールデュムシェル,ジャン・ピエールデュピュイ,織田年和,富永茂樹出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 1990/02メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

小林 昇(1961)『経済学の形成時代』

経済学の形成時代 (1961年)作者: 小林昇出版社/メーカー: 未来社発売日: 1961メディア: ?この商品を含むブログを見る 序説──アダム・スミス時代の経済学論争 古典研究の意義 『国富論』の学史的考証 スミス時代の経済学界 第一章 デイヴィッド・ヒューム(1)─…

中山元(2010)『フーコー:生権力と統治性』

フーコー 生権力と統治性作者: 中山元出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2010/03/17メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 29回この商品を含むブログ (18件) を見る 第一章 考古学から系譜学へ 第二章 人間の身体の統治 第三章 人間の生命の統治と生の権…

春日淳一(2003)『貨幣論のルーマン』

所有研用。http://socio-logic.jp/pr/2017_Eigentum.php 貨幣論のルーマン―“社会の経済”講義作者: 春日淳一出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2003/05/01メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (7件) を見る勁草書房 まえがき 第1章 コミュニ…

バーガー&ルックマン(1966→1977/2003)『現実の社会的構成』

『ルーマン解読』用。 現実の社会的構成―知識社会学論考作者: ピーター・L.バーガー,トーマスルックマン,山口節郎出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2003/02/20メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 82回この商品を含むブログ (26件) を見る 序言 序論──知識社…

借りもの:デュカセ(1948→1952)『技術の歴史』/フォーブズ(1950→1956)『技術の歴史』

『ルーマン解読』用。 デュカセ(1948→1952)『技術の歴史 (1952年) (文庫クセジュ〈第45〉)』クセジュ126、白水社 フォーブズ(1950→1956)『技術の歴史 (1956年)』岩波書店

デュカセ(1948→1952)『技術の歴史』

19 技術の歴史 (1952年) (文庫クセジュ〈第45〉)作者: ピエール・デュカセ,加茂儀一出版社/メーカー: 白水社発売日: 1952メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 序論 技術と生 第一部 原始的技術 第一章 道具、火、言語 第二章 最初の人間の「力学的」本…

フォーブズ(1950→1956)『技術の歴史』

技術の歴史 (1956年)作者: R・J・フォーブス,田中実出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1956メディア: ?この商品を含むブログを見る 序 I 人間と自然 II 歴史のあけぼの(紀元前3000年まで) III 古代近東の諸大帝国(紀元前3000-600年) IV ギリシャ人とロー…

ハイデガー(1929/1930)『形而上学の根本諸概念:世界‐有限性‐孤独』

『ルーマン解読』用。 フライブルク大学1929/1930年講義。 これ、めっちゃ「有限性!」「全体性!」って言ってるね。 サブタイトルにも「有限性」が入ってる。形而上学の根本諸概念―世界‐有限性‐孤独 (ハイデッガー全集)作者: マルティンハイデッガー,辻村公…

借りもの:ファーガソン『マネーの進化史』/メイヤスー『有限性の後で』/植村高久『制度と資本』

『ルーマン解読』/所有研用。 ファーガソン『マネーの進化史』 メイヤスー『有限性の後で: 偶然性の必然性についての試論』 植村高久『制度と資本―マルクスから経済秩序へ』