Luhmann

土谷幸久(2003)「オートポイエーシス的生存可能システムモデルの基礎的研究」

朝のお仕事。 こちらも経営学。 土谷幸久(2003)「オートポイエーシス的生存可能システムモデルの基礎的研究」 博士(人間科学)学位論文.http://hdl.handle.net/2065/3679 土谷幸久(2004)『オートポイエーシス的生存可能システムモデルの基礎的研究』 学…

松行康夫(1993)「行動科学的意思決定論の展開」

朝のお仕事。 著者は経営学者。 松行康夫(1993)「行動科学的意思決定論の展開」 經營學論集 63(0), 209-213, 日本経営学会.https://ci.nii.ac.jp/naid/110004024621 1 序 2 経営科学とシステム理論の発展 3 制御理論とシステム理論の進展 4 システム理論と…

借りもの:小野厚夫(2016)『情報ということば─その来歴と意味内容』

朝のお仕事用&パートのお仕事用。 情報ということば: ─その来歴と意味内容作者: 小野厚夫出版社/メーカー: 冨山房インターナショナル発売日: 2016/05/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見る はじめに 第1章 「情報」の初出 1 フランスの陣中軌典訳…

借りもの:木庭 顕『法学再入門 秘密の扉』(2016)/『新版 ローマ法案内』(2017)

所有研究会用。 所有 - 酒井泰斗・毛利康俊 論文執筆準備作業進捗報告互助会(2017-2019年) - socio-logic.jp 法学再入門 秘密の扉―民事法篇作者: 木庭顕出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 2016/05/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (…

借りもの:関(2016)『なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか』

朝のお仕事用。 なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか:西洋と日本の歴史を問いなおす作者: 関曠野出版社/メーカー: エヌティティ出版発売日: 2016/05/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る はじめに――思想史とはいかなる作業なのか 第1章 …

お買いもの:木庭 顕『誰のために法は生まれた』

朝のお仕事用。 誰のために法は生まれた作者: 木庭顕出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2018/07/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る 第一回 法はどちらの側にある?――『近松物語』 第二回 個人と集団を分けるもの――『自転車泥棒』 第三…

識者の教示を乞う:『ルーマン解読』企画概要

ふたたび単著執筆の打診を非公式に受けたので、自分を著者に想定した場合の書籍企画を書いてみた。 これについて世界の皆さまのご意見を伺いたい。 基本的な方向性は、 私がはじめてルーマンの著作を手にとった大学2〜3年生時に存在していてほしかった解説…

森田雅憲:ハイエク・ルーマン・所有

『ハイエクの社会理論―自生的秩序論の構造』の著者がハイエクの議論をシステム論的に再定式化したうえで所有権を論じるという連作を書いていた。 森田雅憲(2014)「自生的秩序としての私的所有制度の成立:近代社会契約論との比較 (吉町昭彦先生追悼号)」 …

萬屋博喜(2013)「「生の意味」への問いと大庭倫理学」

萬屋博喜(2013)「「生の意味」への問いと大庭倫理学 ――大庭健『いのちの倫理』へのコメント――」『生田哲学』第14号、専修大学哲学会、2013年10月、pp. 20〜34https://sites.google.com/site/hiroyukiyorozuya1983/home/research 1. はじめに 2. 大庭倫理学…

大庭 健(2004)『所有という神話:市場経済の倫理学』

所有という神話―市場経済の倫理学作者: 大庭健出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2004/07/27メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (18件) を見る 序 章 余剰と利潤、自己愛と共感 第1部 市場について 第1章 経済システムにおける市場/経済…

加藤雅信(2001)『「所有権」の誕生』

「所有権」の誕生作者: 加藤雅信出版社/メーカー: 三省堂発売日: 2001/02メディア: 単行本 クリック: 20回この商品を含むブログ (8件) を見る ISBN:B000J8CXSK

ロバート・D. クーター, トーマス・S. ユーレン(/1996→1990/1997)『法と経済学』

法と経済学作者: ロバート・D.クーター,トーマス・S.ユーレン,Robert D. Cooter,Thomas S. Ulen,太田勝造出版社/メーカー: 商事法務研究会発売日: 1997/10メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 4回この商品を含むブログ (4件) を見る 第3章「所有権法の経済…

アラン・ライアン(1987→1993)『所有』

所有作者: アランライアン,Alan Ryan,森村進,桜井徹出版社/メーカー: 昭和堂発売日: 1993/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る http://www.showado-kyoto.jp/book/b96283.html?=bk1%26695%269784812293133 序論 第一部 政治・所有・自由・…

甲斐道太郎編(1979)『所有権思想の歴史』

所有権思想の歴史 (1979年) (有斐閣新書)作者: 甲斐道太郎出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 1979/11メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/4641089159 序章 所有権思想の歴史 (稲本洋之助) 第I章 イギリ…

ゲラン・ランツ(1977→1990)『所有権論史:所有権は権利なのか』

所有権論史―所有権は権利なのか作者: ゲランランツ,島本美智男出版社/メーカー: 晃洋書房発売日: 1990/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/4641089159

特集:所有(権)

酒井毛利進捗報告会の準備 http://socio-logic.jp/pr/2017_Eigentum.php http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170212 の続き。 川島武宜(1949/2015)『所有権法の理論』 岩波書店 ISBN:B000JBO1B4 ISBN:4007303266 (1981)『川島武宜著作集 第7巻 所有権』…

特集・山下和也

酒井・毛利組の第二回進捗報告会は 11/25 開催です。 2017-2018 酒井泰斗 論文執筆準備作業 進捗報告会:所有 わたくしは山下和也大先生の諸著作を、毛利さんはこちらの論考を取り上げます: 上村隆広(2008-2012)「機能システムの構造的カップリング:「法…

ルーマン(1988→2013)「はじめに不法なかりき」

朝カル講義準備 http://socio-logic.jp/luhmann_acc/ 社会構造とゼマンティク 3 (叢書・ウニベルシタス)作者: ニクラスルーマン,Niklas Luhmann,高橋徹,三谷武司,赤堀三郎,阿南衆大,徳安彰,福井康太出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2013/11/26メディ…

大森貴弘[2006→2009]

朝カル準備。 http://d.hatena.ne.jp/contractio/20090804 大森貴弘(2006)「ニクラス・ルーマンの権力分立論──グローバル・コンテクストにおける応用可能性」早稲田法学会誌 56 大森貴弘(2007)「再びニクラス・ルーマンの権力分立論──民主制における権力…

服部高宏(1991-1992)「システム理論と法・法的思考」

服部高宏(1991)「システム理論と法・法的思考─「法の射程」研究序説1」 国学院大学法学会 国学院法学 29(1).http://ci.nii.ac.jp/naid/40001285627 服部高宏(1992)「システム理論と法・法的思考─「法の射程」研究序説2」 国学院大学法学会 国学院法学 29…

中野敏男(1993)『近代法システムと批判』

朝カル講義準備。http://socio-logic.jp/luhmann_acc/ この本、2-2で、論文集『法の分化』(1981)に即したかたちで、やや詳しく〈記述理論/規範理論〉〜〈システム理論/決定理論〉について論じてるね。 近代法システムと批判―ウェーバーからルーマンを超…

トイブナー編(1995→2011)『結果志向の法思考』

朝カル4月講座準備:http://socio-logic.jp/luhmann_acc/ 付録でついてる小川浩三さんの解説が面白くて勉強になります。 結果志向の法思考: 利益衡量と法律家的論証作者: グンタートイブナー,Gunther Teubner,村上淳一,小川浩三出版社/メーカー: 東京大学出…

カール・ドイッチュ(1963→1986/2002)『サイバネティクスの政治理論』

『信頼―社会的な複雑性の縮減メカニズム』第5章冒頭で参照されているもの。 Karl W. Deutsch, 1963, Nerves of Government: Models of Political Communication サイバネティクスの政治理論作者: K.W.ドイッチュ,Karl W. Deutsch,伊藤重行,高山巌,薮野祐三,…

借りもの:ジェームズ・スミス(1991→1994)『アメリカのシンクタンク』

http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160929 の続き。ランド研の章だけ別途抜書。 5章が「経済学が政治の中枢に食い込んだ事情+ランド研誕生まで」で、6章がついにようやくケネディとジョンソンの時代。 原著: James A. Smith, 1993, Idea Brokers: Thin…

(11/10)酒井泰斗 論文執筆準備作業進捗報告会

共著論文執筆のための準備作業に関する進捗報告会への参加者を募集します。 作業課題は次項、共著者は 高 史明さん(社会心理学)です。 ※進捗報告会の開催は必ずしも実際の執筆ひいては完成を保証するものではなく、「調べてみたところ特に書くべきことがな…

涜書:吉見&水越(1997)『メディア論』/佐藤(1985)『マス・コミュニケーション論I』

『マスメディアのリアリティ』講義の準備。http://socio-logic.jp/luhmann_acc/ 放送大学、むかしはテレビ大学って言ったらしいぜ。 メディア論 (放送大学教材)作者: 吉見俊哉,水越伸出版社/メーカー: 放送大学教育振興会発売日: 2004/07メディア: 単行本購…

借りもの:藤本一美編(2004)『ジョンソン大統領とアメリカ政治』

ジョンソン大統領とアメリカ政治作者: 藤本一美出版社/メーカー: つなん出版発売日: 2004/10メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログを見る はしがき 第1部 ジョンソン政権論 第1章 ジョンソン政権と米国政治(1964〜68年) 第2章 若き日のリ…

お買いもの:末次俊之(2012)『リンドン・B・ジョンソン大統領と「偉大な社会」計画』

リンドン・B.ジョンソン大統領と「偉大な社会」計画―“ニューディール社会福祉体制”の確立と限界作者: 末次俊之出版社/メーカー: 専修大学出版局発売日: 2012/03メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 版元:http://www.senshu-up.jp/book/b200567.html…

お買いもの:ルイス・コーザー(1965→1970)『知識人と社会』

『アメリカのシンクタンク―大統領と政策エリートの世界』第1章経由。 http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160929 知識人と社会 (1970年)作者: L.コーザー,高橋徹出版社/メーカー: 培風館発売日: 1970メディア: ?この商品を含むブログ (1件) を見る Lewis A…

ルーマン(1975)『権力』/(2000)『社会の政治』

信頼論準備。http://socio-logic.jp/pr/2016_SakaiTaito.php 権力作者: ニクラス・ルーマン,長岡克行出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 1986/09/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 16回この商品を含むブログ (47件) を見る メモ:http://d.hatena.ne.jp…