図書館

借りもの:‪大黒岳彦(2016)『情報社会の〈哲学〉』

朝のお仕事用。 清水幾太郎『社会学講義 (1950年)』清水幾太郎著作集 (7) 社会学講義 社会学講義 (1948年) 尾高邦雄『社会学の本質と課題〈上巻〉 (1949年)』 ‪大黒岳彦(2016)『情報社会の〈哲学〉: グーグル・ビッグデータ・人工知能』 情報社会の〈哲学…

北川東子(1997)『ジンメル:生の形式』

朝のお仕事用。 図書館で借りてしまったが電子化済だった・・・。この本、いつ購入したのか記録がないな。 ジンメル―生の形式 (現代思想の冒険者たち)作者: 北川東子出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/06メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブ…

借りもの:居安・副田・岩崎編(2001)『ゲオルク・ジンメルと社会学』

朝のお仕事用。 ゲオルク・ジンメルと社会学 (SEKAISHISO SEMINAR)作者: 居安正,岩崎信彦,副田義也出版社/メーカー: 世界思想社発売日: 2001/06メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見るゲオルク・ジンメルと社会学 - 世界思想社 I 社会学史のなか…

借りもの:轟 孝夫(2018)「〈いのち〉はいかに語りうるか──ハイデガー技術論の観点から」

〈いのち〉はいかに語りうるか?─生命科学・生命倫理における人文知の意義─(学術会議叢書24)作者: 香川知晶,斎藤光,小松美彦,島薗進,安藤泰至,轟孝夫,大庭健,山極壽一出版社/メーカー: 日本学術協力財団発売日: 2018/03/12メディア: 単行本(ソフトカバー)こ…

総特集:ジンメル

図書館にあったジンメル研究書・概説書など。 □林 恵海(1926)『ジムメル・社会学方法論の研究』 甲子社書房 □恒藤 恭(1947)『ジンメルの経済哲学』 改造社 ISBN:B000JAP99I □阿閉吉男(1959)『ジンメル』(人と業績シリーズ10) 有斐閣 ISBN:B000JARV2G…

本来性と疎外

朝のお仕事用。 奈良和重(1973)「政治におけるヒューマニズムの問題:実存主義とマルクス主義を中心として」法学研究 46(3), 21-61, 1973, 慶應義塾大学法学研究会https://ci.nii.ac.jp/naid/120006464200 奈良和重(1974)「書評:ミハイロ・マルコヴィッ…

借りもの:『どうすれば「たくさん」書けるのか』‬『自分を変える教室』‬『感性の限界』

‪ポール・J・シルヴィア(2015)‬『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)』‬高橋さきの訳 講談社‬Book倶楽部 ‪ケリー・マクゴニガル監修(2014)‬‪『図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室』‬‪大和書房‬ ‪高橋…

借りもの:『古代・中世経済学史』『行動科学的意思決定論』『ニーチェの良心論』『恥と良心』『ヨーロッパ人間学の歴史』

朝のお仕事用。 バーリ・ゴードン(1975→2018)『古代・中世経済学史』晃洋書房 https://www.kyobunkwan.co.jp/publishing/archives/8107 ‪吉原英樹(1969/1985)『行動科学的意思決定論 (1969年) (現代経営学全集〈20〉)』 ‬白桃書房‬ ISBN:4561160485 シュ…

借りもの:村田晴夫(1990)『情報とシステムの哲学』/‪W.C. チャーチマン(1968→1970)『システム科学への挑戦』

朝のお仕事用。 ‪W.C. チャーチマン(1968→1970)『システム科学への挑戦 (1970年)』‬ 竹内靖雄訳、竹内書店‬ G.クラウス(1973→1978)『サイバネティックスと社会科学―方法と応用 (1978年)』石坂悦男訳、合同出版 asin:477260121X ピーター・チェックランド…

土谷幸久(2003)「オートポイエーシス的生存可能システムモデルの基礎的研究」

朝のお仕事。 こちらも経営学。 土谷幸久(2003)「オートポイエーシス的生存可能システムモデルの基礎的研究」 博士(人間科学)学位論文.http://hdl.handle.net/2065/3679 土谷幸久(2004)『オートポイエーシス的生存可能システムモデルの基礎的研究』 学…

借りもの:小野厚夫(2016)『情報ということば─その来歴と意味内容』

朝のお仕事用&パートのお仕事用。 情報ということば: ─その来歴と意味内容作者: 小野厚夫出版社/メーカー: 冨山房インターナショナル発売日: 2016/05/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見る はじめに 第1章 「情報」の初出 1 フランスの陣中軌典訳…

借りもの:木庭 顕『法学再入門 秘密の扉』(2016)/『新版 ローマ法案内』(2017)

所有研究会用。 所有 - 酒井泰斗・毛利康俊 論文執筆準備作業進捗報告互助会(2017-2019年) - socio-logic.jp 法学再入門 秘密の扉―民事法篇作者: 木庭顕出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 2016/05/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (…

借りもの:関(2016)『なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか』

朝のお仕事用。 なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか:西洋と日本の歴史を問いなおす作者: 関曠野出版社/メーカー: エヌティティ出版発売日: 2016/05/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る はじめに――思想史とはいかなる作業なのか 第1章 …

実存主義とは何だったのか問題(続き

現代における実存主義の意味―キルケゴールからサルトルへ作者: 青柳進出版社/メーカー: 近代文芸社発売日: 2008/05メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (1件) を見るキルケゴール――美と倫理のはざまに立つ哲学 (岩波現代全書)作者:…

フランツ・ボルケナウ(1934→1965)『封建的世界像から市民的世界像へ』

例によって自家所蔵物が見つからないため借りてきました。 これ読むの何年ぶりかな。 封建的世界像から市民的世界像へ作者: フランツボルケナウ,Franz Borkenau,水田洋,花田圭介,矢崎光圀,栗本勤,竹内良知出版社/メーカー: みすず書房発売日: 1965/09/16メデ…

借りもの

朝カル ルーマン講義用。 フランツ・ボルケナウ(1934→1965)『封建的世界像から市民的世界像へ』ISBN:B000JACKGS みすず書房 奥谷浩一(2004)『哲学的人間学の系譜―シェーラー、プレスナー、ゲーレンの人間論 (札幌学院大学選書)』 札幌学院大学選書

借りもの:ベルナール・スティグレール(1994→2009)『技術と時間1:エピメテウスの過失』

技術と時間1 エピメテウスの過失作者: ベルナールスティグレール,石田英敬,Bernard Stiegler,西兼志出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2009/07/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 14回この商品を含むブログ (10件) を見る 著作全体への序論 第1…

借りもの:ベルナール・スティグレール(2004→2009)『偶有からの哲学:技術と記憶と意識の話』

ルーマン『近代の観察』講義用。 偶有からの哲学-技術と記憶と意識の話作者: ベルナール・スティグレール,浅井幸夫出版社/メーカー: 新評論発売日: 2009/11/27メディア: 単行本 クリック: 17回この商品を含むブログ (6件) を見る 第1章 哲学者と技術 第2章…

飯倉 章(2016)『第一次世界大戦史 - 諷刺画とともに見る指導者たち』

実存主義とは何だったのか問題。 第一次世界大戦史 - 諷刺画とともに見る指導者たち (中公新書)作者: 飯倉章出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2016/03/24メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見る 序 章 七月危機から大戦勃発まで 第1章 1914…

ジャン=ジャック・ベッケール(→2015)『第一次世界大戦』

実存主義とは何だったのか問題。 第一次世界大戦 (文庫クセジュ)作者: ジャン=ジャックベッケール,Jean‐Jacques Becker,幸田礼雅出版社/メーカー: 白水社発売日: 2015/09/10メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る 序論 第一章 なぜ戦争か? 第二…

借りもの:新明正道監修(1972/1996)『現代社会学のエッセンス』

社会学史講義用。http://socio-logic.jp/parttime.php 前回読んだのは2014年。 http://d.hatena.ne.jp/contractio/20140402 現代社会学のエッセンス―社会学理論の歴史と展開 (ぺりかん・エッセンス・シリーズ)作者: 田原音和,阿閉吉男,磯部卓三,田野崎昭夫,…

借りもの:W.シュラム編(→1954/1968)『マス・コミュニケーション』

社会学史講義用。http://socio-logic.jp/parttime.php 清水幾太郎が学習院にいた頃の仕事。 前回読んだのは2014年。 http://d.hatena.ne.jp/contractio/20140428 マス・コミュニケーション―マス・メディアの総合的研究 (現代社会科学叢書)作者: W.シュラム,…

借りもの:ロバート・K.マートン(1946→1970)『大衆説得』

社会学史講義用。http://socio-logic.jp/parttime.php 大衆説得―マス・コミニュケイションの社会心理学 (1970年)作者: ロバート・K.マートン,柳井道夫出版社/メーカー: 桜楓社発売日: 1970メディア: ? クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を見る

借りもの:長谷川 一(2003)『出版と知のメディア論』

こちらは名哲フォーラム用。http://socio-logic.jp/pr/2018_NagoyaForum.php 出版と知のメディア論―エディターシップの歴史と再生作者: 長谷川一出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2003/05メディア: 単行本 クリック: 46回この商品を含むブログ (26件) を…

借りもの:実存主義とはなんだったのか(続)

社会学史講義、『近代の観察』講義、資料データセッション報告、フィルカル原稿のための資料が ほとんど収斂しつつある。 ロバート・K.マートン(1946→1970)『大衆説得―マス・コミニュケイションの社会心理学 (1970年)』, 柳井道夫訳, 桜楓社. W.シュラム編…

横山百合子(2018)『江戸東京の明治維新』

史料データセッション用。http://socio-logic.jp/sociology/datasession/ 江戸東京の明治維新 (岩波新書)作者: 横山百合子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2018/08/22メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見る 岩波書店:https://www.iwanami.co.j…

歌田明弘(2005)『科学大国アメリカは原爆投下によって生まれた』

ゲーム研究読書会用。http://socio-logic.jp/GameStudies/ ヴァニヴァー・ブッシュ評伝である。これは貴重な一冊かも。 存在を知らなかったが、読んでなかったのはまずかったかな。 科学大国アメリカは原爆投下によって生まれた―巨大プロジェクトで国を変え…

社会学史講義用。

借りもの:総特集 実存主義とはなんだったのか

朝カル『近代の観察』講義準備の続き。 http://d.hatena.ne.jp/contractio/20180903 http://d.hatena.ne.jp/contractio/20180918 実存主義とは何か (人間存在の根源をさぐる)作者: W・バレット出版社/メーカー: サイマル出版会発売日: 1995/07/01メディア: …

アメリカ史のフロンティア1&4『アメリカ合衆国の形成と政治文化』/『現代アメリカの政治文化と世界』

序文に、「政治文化」という術語は、ロバート・ケリーが1970年代に使い始めてからアメリカ史においても普及したと書いてある。 アメリカ合衆国の形成と政治文化―建国から第一次世界大戦まで (アメリカ史のフロンティア)作者: 常松洋,中野耕太郎,肥後本芳男出…